Katabira Garment for Summer Waves, flowers and boats on white ramie

Details

Katabira Garment for Summer Waves, flowers and boats on white ramie

Textiles / Edo

Edo period, 18th century

1領

藍色で細密な風景模様を染める茶屋染は江戸時代中期から後期にかけて、武家女性の夏の料を彩った。波間に浮かぶ船の模様が涼しげである。船上には梅・桜・牡丹・藤・菊などの花束を載せ、日本人が好んだ四季折々の花が盛り込まれている。

Related Works

Search items related to work chosen