Katabira (Unlined summer garment) Hollyhock, raft, and fishing net design on white ramie ground

Details

Katabira (Unlined summer garment) Hollyhock, raft, and fishing net design on white ramie ground

Textiles / Edo

Edo period, 18th century

1領

野口が「文化頃 御殿模様 茶屋染」と記した、武家女性の夏の衣料である。上質の麻布に防染糊を用いて、藍を主に風景模様を染め、玉子色で挿し色を施すのが茶屋染の特色である。型紙によって鹿の子絞りを表わした摺匹田(すりびった)や紅糸や金糸による刺繍(ししゅう)で色を添える。(小山弓弦葉氏執筆)

Related Works

Search items related to work chosen