帷子 白麻地葵筏網模様 かたびら  しろあさじあおいいかだあみもよう

染織 / 江戸 

江戸時代・18世紀
1領

野口が「文化頃 御殿模様 茶屋染」と記した、武家女性の夏の衣料である。上質の麻布に防染糊を用いて、藍を主に風景模様を染め、玉子色で挿し色を施すのが茶屋染の特色である。型紙によって鹿の子絞りを表わした摺匹田(すりびった)や紅糸や金糸による刺繍(ししゅう)で色を添える。(小山弓弦葉氏執筆)

作品所在地の地図

関連リンク

帷子 白麻地葵筏網模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

帷子 白麻地風景模様
帷子 白麻地楼閣岩流水模様
帷子 白麻地寝殿書院風景模様
帷子  白麻地桐鳳凰模様
帷子 白麻地草木柴垣網干模様
ページトップへ