文化遺産オンライン

帷子 浅葱麻地清水風景模様

かたびら あさぎあさじきよみずふうけいもよう

作品概要

帷子 浅葱麻地清水風景模様

かたびら あさぎあさじきよみずふうけいもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

野口が「安永頃 御殿中模様」とした武家女性の夏の衣料。「総模様」ではなく、腰から下に模様を配しているため「中模様」と呼んだのであろう。江戸時代後期になると、名所遊楽が娯楽として流行するのに伴い、女性の小袖にも各地方の名所を模様に表すようになった。(小山弓弦葉氏執筆)

帷子 浅葱麻地清水風景模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 帷子 / garment / かたびら

関連作品

チェックした関連作品の検索