文化遺産オンライン

帷子 浅葱麻地水辺風景模様

かたびら  あさぎあさじみずべふうけいもよう

作品概要

帷子 浅葱麻地水辺風景模様

かたびら  あさぎあさじみずべふうけいもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

野口は武家女性の様式化された着物の模様を「御殿模様」と称した。一方、現代では、松に桜、秋草などを織り交ぜた風景模様に寝殿の縁先などを配した模様のことを「御所解(ごしょどき)」と称する。また、四季風景の中に、檜扇(ひおうぎ)や琴(こと)、蓑笠(みのかさ)など物語を暗示する模様を留守模様という。

帷子 浅葱麻地水辺風景模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 帷子 / かたびら / 風景

関連作品

チェックした関連作品の検索