Katabira (Unlined summer garment) Waterside design on light blue ramie ground

Details

Katabira (Unlined summer garment) Waterside design on light blue ramie ground

Textiles / Edo

Edo period, 19th century

1領

野口は武家女性の様式化された着物の模様を「御殿模様」と称した。一方、現代では、松に桜、秋草などを織り交ぜた風景模様に寝殿の縁先などを配した模様のことを「御所解(ごしょどき)」と称する。また、四季風景の中に、檜扇(ひおうぎ)や琴(こと)、蓑笠(みのかさ)など物語を暗示する模様を留守模様という。

Related Works

Search items related to work chosen