文化遺産オンライン

帷子 浅葱麻地檜扇寝殿蓑笠御所車風景模様

かたびら あさぎあさじひおうぎしんでんみのかさごしょぐるまふうけいもよう

作品概要

帷子 浅葱麻地檜扇寝殿蓑笠御所車風景模様

かたびら あさぎあさじひおうぎしんでんみのかさごしょぐるまふうけいもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

風景模様を表わした刺繡(ししゅう)入りの帷子は、中臈(ちゅうろう)以上の御殿(ごてん)女中、あるいは大名家の婦女が着用したものでしょう。腰上に寝殿、琴、檜扇が桜の間に配されており『源氏物語』の「花散里(はなちるさと)」の巻、腰下の蓑笠と御所車は能「通小町(かよいこまち)」を表わした留守模様です。

関連作品

チェックした関連作品の検索