帷子 白麻地草木御所車柴垣模様 かたびら しろあさじそうもくごしょぐるましばがきもよう

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 江戸 

江戸時代・19世紀
1領

藍一色で遠景に松や桜の風景模様、前景に秋草模様を染め、金糸や紅糸で刺繍(ししゅう)を加えて華やかさを添える。江戸時代後期に武家女性の間で着用された様式的な風景模様のデザインは「茶屋辻」と称された。「辻」とは夏に着用する麻製の単(ひとえ)仕立である「帷子(かたびら)」のこと。

作品所在地の地図

関連リンク

帷子 白麻地草木御所車柴垣模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

帷子 白麻地草木柴垣網干模様
帷子 白麻地寝殿書院風景模様
帷子 白麻地風景模様
帷子 白麻地葵筏網模様
帷子 白麻地幕鳥兜火焔太鼓風景模様
ページトップへ