文化遺産オンライン

帷子 白麻地松竹梅鶴亀模様

かたびら しろあさじしょうちくばいつるかめもよう

作品概要

帷子 白麻地松竹梅鶴亀模様

かたびら しろあさじしょうちくばいつるかめもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

帷子とは夏季に着用する単(ひとえ)仕立の麻製の衣装である。松竹の立木模様に鶴亀をあしらった吉祥模様の帷子は晴(はれ)着(ぎ)用にあつらえられたのであろう。友禅染に刺(し)繍(しゅう)が加えられたシンプルなデザインが涼しげである。若い女性用の振袖を短くし、成人向けの留袖(とめそで)としている。

帷子 白麻地松竹梅鶴亀模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

帷子 / 模様 / / ramie

関連作品

チェックした関連作品の検索