文化遺産オンライン

帷子 白麻地草木柴垣網干模様

かたびら  しろあさじそうもくしばがきあぼしもよう

作品概要

帷子 白麻地草木柴垣網干模様

かたびら  しろあさじそうもくしばがきあぼしもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

野口が「安政頃 御殿模様」とした、武家女性の帷子。白麻地に藍色(あいいろ)で風景模様を染めた武家女性の帷子は「茶屋辻」と呼ばれる。風景模様の中に兜(かぶと)・烏帽子(えぼし)・中啓(ちゅうけい)・鼓(つづみ)をデザインした「留守模様」。梅樹に兜の取り合わせは能『箙(えびら)』を思わせる。(小山弓弦葉氏執筆)

帷子 白麻地草木柴垣網干模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 帷子 / かたびら / ramie

関連作品

チェックした関連作品の検索