文化遺産オンライン

帷子 白麻地紅葉立木落葉模様

かたびら しろあさじもみじたちきおちばもよう

作品概要

帷子 白麻地紅葉立木落葉模様

かたびら しろあさじもみじたちきおちばもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

麻地で単(ひとえ)仕立の真夏向きのきものを帷子と称する。しかし、友禅染で表された模様は秋の落ち葉模様である。江戸時代中期以降になると、季節を先取りして涼をさそう趣向が模様に好まれるようになった。

帷子 白麻地紅葉立木落葉模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

帷子 / 模様 / / ramie

関連作品

チェックした関連作品の検索