文化遺産オンライン

帷子 薄茶麻地蘭螢流水模様

かたびら  うすちゃあさじらんほたるりゅうすいもよう

作品概要

帷子 薄茶麻地蘭螢流水模様

かたびら  うすちゃあさじらんほたるりゅうすいもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

上質の麻地に波と夕立の模様を白上げにし、さらに、撚金糸(よりきんし)で波模様を、蘭の花を萌黄・鶸(ひわ)色・紅・紫・白の刺繡(ししゅう)で、蛍を黒の刺繡で表す。貴人が好んだ蘭に、夏の風物である蛍、武家が好んだ波に夕立の模様などを盛り込んだ、武家女性の夏の衣料であろう。

帷子 薄茶麻地蘭螢流水模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 帷子 / かたびら / Katabira

関連作品

チェックした関連作品の検索