文化遺産オンライン

帷子 白麻地藤牡丹花束流水青海波模様

かたびら しろあさじふじぼたんはなたばりゅうすいせいがいはもよう

作品概要

帷子 白麻地藤牡丹花束流水青海波模様

かたびら しろあさじふじぼたんはなたばりゅうすいせいがいはもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

江戸時代後期における武家女性の夏の正装に用いる帷子。麻の単仕立【ひとえしたて】で、刺繡【ししゅう】と描絵【かきえ】、型紙による摺匹田【すりびった】で模様をあらわす。青海波【せいがいは】や雲文のような図形的な模様と、藤や牡丹の花束模様とを交互に配する様式化されたデザインが、武家女性の正装の特徴である。

帷子 白麻地藤牡丹花束流水青海波模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 帷子 / ramie /

関連作品

チェックした関連作品の検索