文化遺産オンライン

帷子 白麻地桐鳳凰模様

かたびら しろあさじきりほうおうもよう

作品概要

帷子 白麻地桐鳳凰模様

かたびら しろあさじきりほうおうもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

 若い武家女性の夏の衣料。上質の麻布に描絵(かきえ)と刺繍、摺匹田(すりびった)(鹿の子絞りの模様を型紙で簡易に摺(す)る方法)で模様を表わす。鳳凰は中国の伝説上の瑞鳥(ずいちょう)で、桐の樹に住むとされる。吉祥模様として日本でも好まれた。内側に白麻布の重ねがつく。     

帷子 白麻地桐鳳凰模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 帷子 / 武家 / 匹田

関連作品

チェックした関連作品の検索