Katabira (Summer garment) Cherry, peony, chrysanthemum spray and paulownia roundel design on white ramie ground

Details

Katabira (Summer garment) Cherry, peony, chrysanthemum spray and paulownia roundel design on white ramie ground

Textiles / Edo

Edo period, 19th century

1領

描絵(かきえ)・摺匹田(すりびった)・刺繍(ししゅう)で四季折々の花を総模様で表わす様式は、江戸時代後期における武家女性の典型的なスタイルである。一方、花束模様ではなく花折枝模様であったり桐丸文を散らしたりする趣向は宮廷女性の好み。武家へ降嫁した宮廷女性のものであろうか。

Related Works

Search items related to work chosen