Kosode (Garment with small wrist openings) Paulownia and phoenix design on white figured satin ground

Details

Kosode (Garment with small wrist openings) Paulownia and phoenix design on white figured satin ground

Textiles / Edo

Edo period, 18th century

1領

 裾(すそ)から背中へとうねるように立ち上る木の模様は、立木模様と呼ばれ、特に武家女性に好まれた。インド更紗にデザインされる生命の樹のモティーフから生まれた模様と言われている。鳳凰は桐樹に住むといわれる想像上の瑞鳥(ずいちょう)で、吉祥模様として喜ばれた。  
ルビ:ずいちょう

Related Works

Search items related to work chosen