文化遺産オンライン

小袖 黒綸子地水辺風景略模様

概要

小袖 黒綸子地水辺風景略模様

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

網干の見える水辺の風景に鷺が飛ぶ風景模様を刺繍で表わす。風景とは無関係に菊花や竹など好まれた草花模様をちりばめるデザインは、武家女性が着用する小袖の様式の1つである。武家女性の定紋は通常白抜きに上絵である。金糸による藤巴紋は後補であろう。

小袖 黒綸子地水辺風景略模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 武家 / 女性 / 小袖

関連作品

チェックした関連作品の検索