Kakeshita-Obi Sash Snow-covered bamboo and butterfly on lignt blue satin

Details

Kakeshita-Obi Sash Snow-covered bamboo and butterfly on lignt blue satin

Textiles / Edo

Edo period, 19th century

絹繻子に刺繍・切付

1筋

 掛下帯とは、武家女性の打掛の下に着用するきもの(間着)を締める帯のこと。模様は打掛の模様に準じ、刺繍の総模様であらわされる。絹地には光沢の美しい繻子(サテン)が用いられた。雪をかぶった竹の直線的な模様が凛然として武家女性にふさわしい。
ルビ:あいぎ ししゅう りんぜん

Related Works

Search items related to work chosen