文化遺産オンライン

帯 浅葱繻子地雪持竹蝶模様

作品概要

帯 浅葱繻子地雪持竹蝶模様

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

絹繻子に刺繍・切付

1筋

 掛下帯とは、武家女性の打掛の下に着用するきもの(間着)を締める帯のこと。模様は打掛の模様に準じ、刺繍の総模様であらわされる。絹地には光沢の美しい繻子(サテン)が用いられた。雪をかぶった竹の直線的な模様が凛然として武家女性にふさわしい。
ルビ:あいぎ ししゅう りんぜん

帯 浅葱繻子地雪持竹蝶模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

打掛 / 模様 / 女性 / Edo

関連作品

チェックした関連作品の検索