文化遺産オンライン

火事装束 紺麻地波兎雨龍模様

かじしょうぞく こんあさじなみうさぎあまりょうもよう

作品概要

火事装束 紺麻地波兎雨龍模様

かじしょうぞく こんあさじなみうさぎあまりょうもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

女性用の火事装束。麻地の単仕立てなので、夏用と考えられる。火事を避けるという縁起から、波に兎、龍など、水に関連する模様をデザインする。胸当・羽織の背にある木瓜紋や兎は切付(アップリケ)の後、輪郭を撚金糸でかがる。

火事装束 紺麻地波兎雨龍模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

火事 / 装束 / 羽織 / 胸当

関連作品

チェックした関連作品の検索