Kajibaori (Coat worn at the scene of a fire) Dark blue gorofukuren plain-weave wool with zigzag design (Crest: three oak leaves)

Details

Kajibaori (Coat worn at the scene of a fire) Dark blue gorofukuren plain-weave wool with zigzag design (Crest: three oak leaves)

Textiles / Edo

Edo period, 19th century

1具

武家男性が火事に備える火事装束は、通常、羽織に共裂で胸当と石帯が付く。火の粉がかかっても火傷が防げるように、呉絽服連や羅紗といったような、舶来の毛織物を用いて作られるころが多い。また、羽織の背には家紋を切付(アップリケ)にしている。
ルビ:ともぎれ むねあて せきたい やけど らしゃ きりつけ

Related Works

Search items related to work chosen