文化遺産オンライン

男用火事装束(羽織)

作品概要

男用火事装束(羽織)

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1具

武家男性が火事に備える火事装束は、通常、羽織に共裂で胸当と石帯が付く。火の粉がかかっても火傷が防げるように、呉絽服連や羅紗といったような、舶来の毛織物を用いて作られるころが多い。また、羽織の背には家紋を切付(アップリケ)にしている。
ルビ:ともぎれ むねあて せきたい やけど らしゃ きりつけ

男用火事装束(羽織)をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

火事 / 装束 / 羽織 / 胸当

関連作品

チェックした関連作品の検索