Garment for Fire-fighting Wave design on red satin ground

Details

Garment for Fire-fighting Wave design on red satin ground

Textiles / Edo

Edo period, 19th century

1具

火事装束は江戸屋敷に在住する大名ばかりではなく、江戸住まいする大奥の女性たちも備えていた。通常、羽織・袴(はかま)・胸当・石帯(せきたい)・頭巾(ずきん)からなる。男性の装束と比較すると刺繍(ししゅう)や切付(きりつけ)(アップリケ)などで模様が施され、華やかに仕立てられた。

Related Works

Search items related to work chosen