文化遺産オンライン

火事羽織 黄へるへとわん無地矢羽橘紋付

かじばおり きへるとわんむじやばねたちばなもんつき

作品概要

火事羽織 黄へるへとわん無地矢羽橘紋付

かじばおり きへるとわんむじやばねたちばなもんつき

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

火事装束とは、江戸屋敷に在住する大名たちが、江戸の火事に備えた装束で、通常、羽織・胸当・石帯・兜からなる。ヨーロッパから舶載された鮮やかな色彩の羅紗や「へるへとわん」と称される綾織の毛織物が好んで用いられた。(かぶと)

関連作品

チェックした関連作品の検索