文化遺産オンライン

袱紗 紅縮緬地菊鶏模様

ふくさ べにちりめんじきくにわとりもよう

作品概要

袱紗 紅縮緬地菊鶏模様

ふくさ べにちりめんじきくにわとりもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1枚

鮮やかな紅の縮緬地に刺繡【ししゅう】と染で模様を表した小さな袱紗。その技法や意匠は、江戸時代後期の武家女性の服飾と同様である。藁囲【わらがこ】いで寒さをしのぐ菊花の中に、夫婦の雄鶏と雌鶏、3羽のひよこが表わされる。夫婦円満で子宝に恵まれることを願った模様である。

袱紗 紅縮緬地菊鶏模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 袱紗 / Fukusa / Gift

関連作品

チェックした関連作品の検索