文化遺産オンライン

打掛 紅綸子地桜樹雲模様

うちかけ べにりんずじおうじゅくももよう

作品概要

打掛 紅綸子地桜樹雲模様

うちかけ べにりんずじおうじゅくももよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

宮中の女性が普段着に着用した上着で「掻取」と称する。紅で染めた華やかな縮緬地に表わされた模様は、雲間に見える桜の立木模様。絹糸の光沢を生かしたゆったりとした刺繍である。立木模様は、江戸時代後期、宮中女性向けに様式化されたデザインである。

打掛 紅綸子地桜樹雲模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 打掛 / 女性 / Uchikake

関連作品

チェックした関連作品の検索