袱紗 萌黄繻子地桜樹孔雀模様 ふくさ もえぎしゅすじおうじゅくじゃくもよう

染織 / 江戸 

江戸時代・19世紀
1枚

日本人が愛した満開の桜の樹のもとに、百鳥の王と称される孔雀を刺繡【ししゅう】で表わした大きな袱紗。平繡【ひらぬい】を基調とする整然と整った刺繡の模様は、武家女性の服飾に表わされる刺繡と共通する。2羽の孔雀は夫婦を表わし、結婚の祝いに贈呈されたものかもしれない。

作品所在地の地図

関連リンク

袱紗 萌黄繻子地桜樹孔雀模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

袱紗 紅縮緬地菊鶏模様
袱紗 茶緞子地住吉踊模様
小袖 鶸色紋縮緬地源氏雲桜模様
縫箔 白地花菱亀甲蒲公英雪輪草花模様
袱紗 紺繻子地長寿三老模様
ページトップへ