文化遺産オンライン

振袖 萌黄縮緬地松紅葉牡丹流水孔雀模様

ふりそで まつもみじぼたんりゅうすいくじゃくもよう

作品概要

振袖 萌黄縮緬地松紅葉牡丹流水孔雀模様

ふりそで まつもみじぼたんりゅうすいくじゃくもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

 幕末にヨーロッパから輸入されて流行した、プルシアンブルーが鮮やかな振袖。松葉や紅葉を細かくあらわした風景模様は、江戸時代後期に様式化された武家女性の小袖のデザインである。腰から下の模様は、百花の王・牡丹(ぼたん)と百鳥の王・孔雀(くじゃく)の組み合わせとなっている。

関連作品

チェックした関連作品の検索