振袖 萌黄縮緬地松紅葉牡丹流水孔雀模様 ふりそで まつもみじぼたんりゅうすいくじゃくもよう

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 江戸 

江戸時代・19世紀
1領

 幕末にヨーロッパから輸入されて流行した、プルシアンブルーが鮮やかな振袖。松葉や紅葉を細かくあらわした風景模様は、江戸時代後期に様式化された武家女性の小袖のデザインである。腰から下の模様は、百花の王・牡丹(ぼたん)と百鳥の王・孔雀(くじゃく)の組み合わせとなっている。

作品所在地の地図

関連リンク

振袖 萌黄縮緬地松紅葉牡丹流水孔雀模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

振袖 浅葱縮緬地松竹梅鷹御所車模様
振袖 紅縮緬地牡丹立木文字模様
小袖 縹縮緬地御所車檜垣流水花卉模様
帷子 白麻地藤牡丹花束流水青海波模様
産衣 黄麻地紅葉鳥兜模様
ページトップへ