文化遺産オンライン

振袖 浅葱縮緬地松竹梅鷹御所車模様

ふりそで あさぎちりめんじしょうちくばいたかごしょぐるまもよう

作品概要

振袖 浅葱縮緬地松竹梅鷹御所車模様

ふりそで あさぎちりめんじしょうちくばいたかごしょぐるまもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

松竹梅を白く染め残した雪景色に御所車と弓矢、あるいは、御所車に烏帽子(えぼし)・鶯・鶴を刺繍(ししゅう)であらわした腰模様の振袖である。このような風景模様は江戸時代後期の武家女性が着用した小袖や振袖の様式化されたデザインの特徴である。俗に「御所解」と称する。20100308_h081

振袖 浅葱縮緬地松竹梅鷹御所車模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 女性 / 御所車 / 小袖

関連作品

チェックした関連作品の検索