文化遺産オンライン

小袖 縹縮緬地御所車檜垣流水花卉模様

こそで はなだちりめんじごしょぐるまひがきりゅうすいかきもよう

作品概要

小袖 縹縮緬地御所車檜垣流水花卉模様

こそで はなだちりめんじごしょぐるまひがきりゅうすいかきもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

紺に染めた縮緬地に、紅葉や松、秋草模様などを白上げにした風景模様は、武家女性の日常着の様式的なデザインである。近代以降「御所解+ごしょどき+模様」と称されるようになるが、「御所」は公家の居所であるから、本来は「御所模様」と称するべきであろう。御所車や立蔀など王朝趣味の模様。

小袖 縹縮緬地御所車檜垣流水花卉模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 小袖 / 縮緬 / 女性

関連作品

チェックした関連作品の検索