文化遺産オンライン

打掛 鶸色縮緬地風景模様

うちかけ ひわいろちりめんじふうけいもよう

作品概要

打掛 鶸色縮緬地風景模様

うちかけ ひわいろちりめんじふうけいもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

梅・松・桜といった日本人が愛する木々を背景に鶴や鷹、御所車などを配した風景模様は、江戸時代後期の武家女性が御殿で着用した小袖や打掛のデザイン様式。瀧(たき)の部分の彩色に、19世紀前半に友禅染で用いられたプルシアンブルーが用いられています。

打掛 鶸色縮緬地風景模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 打掛 / 着用 / Edo

関連作品

チェックした関連作品の検索