文化遺産オンライン

単衣 淡紅絽地御所車橋水辺風景模様

ひとえ うすべにろじごしょぐるまはしみずべふうけいもよう

作品概要

単衣 淡紅絽地御所車橋水辺風景模様

ひとえ うすべにろじごしょぐるまはしみずべふうけいもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

絽を紅で染め、未婚の若い女性用として振袖に仕立てられた夏の衣料である。江戸時代後期の武家女性の様式的な風景模様がデザインされた腰模様となっている。家紋が白上がりで染め抜かれている点もまた、武家女性の服飾の特徴の1つである。

単衣 淡紅絽地御所車橋水辺風景模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 武家 / 女性 / Edo

関連作品

チェックした関連作品の検索