文化遺産オンライン

振袖 染分縮緬地枝垂桜菊短冊模様

ふりそで  そめわけちりめんじしだれざくらきくたんざくもよう

作品概要

振袖 染分縮緬地枝垂桜菊短冊模様

ふりそで  そめわけちりめんじしだれざくらきくたんざくもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

 腰から上には春、腰から下には秋の模様を友禅染で表し、四季両用を考慮した模様。腰から上下に模様が分かれるスタイルは、江戸時代中期から後期にかけて、帯の幅が次第に広くなり、さまざまな帯結びで女性がファッションを楽しむようになって生まれた。 

振袖 染分縮緬地枝垂桜菊短冊模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 縮緬 / Edo / 小袖

関連作品

チェックした関連作品の検索