文化遺産オンライン

袱紗 茶緞子地住吉踊模様

ふくさ ちゃどんすじすみよしおどりもよう

作品概要

袱紗 茶緞子地住吉踊模様

ふくさ ちゃどんすじすみよしおどりもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1枚

住吉踊は大阪の住吉神社で行われる御田植神事【おたうえしんじ】の踊り。1人が長い柄のついた美しい装飾を施した笠を持ち、その周りで唄を歌いながら踊る。その風流な様子を、和刺繡【ししゅう】の技術を駆使して繊細な刺繡で表わした。表裂【おもてぎれ】の緞子【どんす】に織り出された巾着も吉祥模様である。

袱紗 茶緞子地住吉踊模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / / 模様

関連作品

チェックした関連作品の検索