文化遺産オンライン

袱紗 紺繻子地長寿三老模様

ふくさ こんしゅすじちょうじゅさんろうもよう

作品概要

袱紗 紺繻子地長寿三老模様

ふくさ こんしゅすじちょうじゅさんろうもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

繻子に刺繍

縦66 横67.5

1枚

「長寿三老」とは西王母から不老不死の桃を盗んだ東方朔【とうぼうさく】、浦島太郎、三浦大助の三人のこと。それに鶴亀を合わせた模様はまさに長寿を願う吉祥模様である。強撚糸【きょうねんし】を多用し、さまざまな技法を駆使した立体感のある刺繡【ししゅう】が見どころである。衣服の模様の表現にも注目。

袱紗 紺繻子地長寿三老模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 袱紗 / ふくさ / Fukusa

関連作品

チェックした関連作品の検索