文化遺産オンライン

縫箔 黄地芥子模様

ぬいはく  きじけしもよう

作品概要

縫箔 黄地芥子模様

ぬいはく  きじけしもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

刺繡(ししゅう)と金箔によって模様を表した小袖形の装束。女性役が両袖を脱いで、腰巻に用いることが多い。刺繡で芥子の花を散らし、地紋には金箔で波に浮かぶ帆船の模様を一面に配する。きらびやかな中に可憐さを感じさせる意匠である。米沢藩・上杉家に伝わった。

縫箔 黄地芥子模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 模様 / 縫箔

関連作品

チェックした関連作品の検索