文化遺産オンライン

縫箔 白地木賊鎌鳳仙花模様

ぬいはく しろじとくさかまほうせんかもよう

作品概要

縫箔 白地木賊鎌鳳仙花模様

ぬいはく しろじとくさかまほうせんかもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

全身に細かい雲状の模様を金箔押しし、腰を分断するかのように赤い稲妻形を刺繡(ししゅう)した内部には、露芝(つゆしば)模様を金箔で施す。腰から上には勇ましく木賊に鎌、腰から下には優艶に鳳仙花(ほうせんか)の模様を刺繡し、男性役にも女性役にも用いられるように工夫している。(100831 h081)

縫箔 白地木賊鎌鳳仙花模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 模様 / Edo

関連作品

チェックした関連作品の検索