摺箔 白地露芝模様 すりはく  しろじつゆしばもよう

染織 / 江戸 

江戸時代・18世紀
1領

露芝模様とは、風にそよぐ芝が露にぬれる様を文様化した、風情ある日本の模様である。戦国から安土桃山時代に染織の模様にあらわれ、以後、江戸時代には様式化されて能装束の摺箔にデザインされた。金と銀の箔のバランスが見事。着付けると腰下は上着にかくれて見えないため省略される。

作品所在地の地図

関連リンク

摺箔 白地露芝模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

摺箔 白地竹雀模様
繍入り摺箔 白地鉄線唐草桧扇草花文様
摺箔(子方) 紫地色紙葡萄模様
胴箔地松藤模様縫箔
黒紅地熨斗藤模様繍箔小袖
ページトップへ