黒紅地熨斗藤模様繍箔小袖 くろべにじのしふじもようぬいはくこそで

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 江戸 / 関東 

東京都
江戸
1領
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19820605
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

表は紗綾形【さやがた】に花文散しの綸子、裏は紅平絹の袷仕立で、右袖脇の一部を白く残し、他はすべて黒紅で染め上げる。文様は肩から右袖、および腰から裾にかけて、刺繍と金摺箔を交互に配した熨斗文を置き、残りの黒紅地に刺繍による藤文様を配すとともに、緻密な霞文を金摺箔で表す。さらに、全体に刺繍による亀丸紋と鹿子絞りの丸紋を散らしている。刺繍・金摺箔・鹿子絞りによる精緻な文様で全面を埋め尽した、いわゆる地無【じなし】小袖の一つで、意匠構成や刺繍技法などに、江戸時代初期の特徴がよく表れている。なお、地色の黒紅は、紅で下染めしたうえに檳榔子【びんろうじ】(ヤシ科の常緑喬木からとった植物染料)の黒をかけた焦茶色で、江戸時代に入って流行した色である。

作品所在地の地図

関連リンク

黒紅地熨斗藤模様繍箔小袖チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒紅地花卉文様繍箔小袖
黒紅染分綸子地松皮菱段模様繍箔小袖
黒綸子地桐唐草入大葉文様小袖
染分綸子地御所車花鳥文様繡箔小袖
小袖 白黒紅染分綸子地熨斗藤模様
ページトップへ