染分綸子地御所車花鳥文様繡箔小袖 そめわけりんずじごしょぐるまかちょうもんようぬいはくこそで

染織 / 江戸 / 中部 

江戸/17世紀
表は卍繋花折枝散の地紋がある綸子、裏は紅平絹を用い、間に薄綿を入れた袷仕立。表は、黒紅(現状は茶)、紅。白の三色で直線や曲線を複雑に組み合わせた不定形に染め分ける。部分…
身丈144.3㎝ 裄65.8㎝
1領
重文指定年月日:20110627
国宝指定年月日:
登録年月日:
一般財団法人J.フロント リテイリング史料館
国宝・重要文化財(美術品)

表は綸子地、裏は紅平絹の袷仕立ての小袖である。表は黒紅(現状は茶)、紅、白の三色で直線や曲線を複雑に組み合わせた不定形に染め分ける。草花や鳥をはじめ、種々の文様を金摺箔、刺繡、絞りの技法で表す。江戸時代初期に流行した、いわゆる「慶長小袖」は、複雑な区画構成の中に、精緻な文様を集合的に配置することが特徴の一つに挙げられる。本小袖にはそれがよく表されており、文様が巧みに配された一領。

関連リンク

染分綸子地御所車花鳥文様繡箔小袖チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒綸子地桐唐草入大葉文様小袖
黒紅染分綸子地松皮菱段模様繍箔小袖
黒綸子地波鴛鴦文様小袖
黒紅地熨斗藤模様繍箔小袖
黒紅地花卉文様繍箔小袖
ページトップへ