能装束〈雪持柳地紙散繍箔肩裾/〉 のうしょうぞく〈ゆきもちやなぎじがみちらしぬいはくかたすそ〉

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 安土・桃山 / 関東 

東京都
桃山
表は白地練緯、裏は白地平絹の袷仕立。身幅は広く、袖幅が狭い。文様は前身頃の肩裾と後身頃の肩に配し、雲形に区切り、雪持柳と地紙を繡箔で表す。地紙は桐、八重桜、紅葉、椿、橘…
身丈134.0 裄57.0 身幅36.5 袖幅20.5 袖丈48.2 袖付48.3 袖口18.6
襟肩あき6.0 襟幅16.2 衽幅25.5 (㎝)
1領
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19730606
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

身幅が広く、袖幅が狭い小袖で、初期小袖の特徴を示している。前身頃の肩裾と後身頃の肩に雪持柳に桐・八熏桜・紅葉・椿・橘を配した地紙を刺繍であらわし、地には金銀の摺箔を施している。意匠・繍技・形態とも桃山時代の特色豊かなものである。奈良金春流保存会諦楽舎の伝来である。

作品所在地の地図

関連リンク

能装束〈雪持柳地紙散繍箔肩裾/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能装束〈紅白段菊芦水鳥文繍箔/〉
能装束〈白地桐竹鳳凰桜芦文繍箔肩裾/〉
能装束〈茶地百合御所車文縫箔/〉
能装束〈草花文繍箔肩裾/〉
能装束〈紅白段草花短冊八橋文繍箔/〉
ページトップへ