草花文段片身替繍箔小袖 くさばなもんだんかたみがわりぬいはくこそで

その他の画像全5枚中5枚表示

工芸 / 安土・桃山 / 近畿 

京都府
桃山
練緯平絹地袷仕立て、身幅廣く、袖幅狭く振りのない小袖。表は白練緯地に上下左右肩身に分け、前左上と後左下は紅白梅花文、前右上と後右下は白紫藤文、前左下と後左上は雪持笹文、…
身丈134.8 裄58.0 袖幅21.7 袖丈48.0 衿肩あき13.7 衿幅13.0 身幅36.3 (㎝)
1領
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:19720530
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

身幅が広く、袖幅は狭く振りのない小袖である。文様は上下左右片身と大きく分け、全面に梅・藤・雪持笹・楓文などを蘇枋・萠黄などの色糸で繍いつめ、さらに地に金銀を摺箔している。仕立も意匠も桃山時代の特色が強く、豪華な作で初期小袖の優れた遺品である。

作品所在地の地図

関連リンク

草花文段片身替繍箔小袖チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能装束〈紅白段菊芦水鳥文繍箔/〉
黒紅染分綸子地松皮菱段模様繍箔小袖
白地松鶴亀草花文繡箔肩裾小袖
紅地雪持橘文様唐織小袖
能装束〈雪持柳地紙散繍箔肩裾/〉
ページトップへ