銀杏葉雪輪散辻が花染胴服 いちょうばゆきわちらしつじがはなぞめどうふく

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸 / 安土・桃山 / 関東 

東京都
桃山
表は白練平絹、裏紅練平絹で綿入れ仕立て。垂領広袖。前身頃は衽を設けず、共裂の広衿で裾まで通す。白水浅葱、紫の斜縞地に銀杏葉と雪輪文を絞り散らす。銀杏葉は一部を記の下染め…
身丈117.0  裄63.0  身幅40.0  袖幅22.5  袖丈50.5 
衿肩あき8.0 衿幅15.0 紐長15.0 紐幅5.0  (㎝)
1領
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19730606
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

(胴服) 白練平絹の袷仕立の胴服で、白・水浅葱・紫の斜縞地に銀杏葉と雪輪文を辻が花染し、銀杏葉は一部を黄の下染とし、葉脈を茶色で描き、さらに摺箔を置いている。
 (帷子) 藍染めの麻地に、二葉葵紋を白上げし、小袖形に仕立てた帷子である。
 これは吉岡家由緒書によると、先祖吉岡隼人【はやと】が石見【いわみ】銀山見立の御用を勤めた時に徳川家康より伝馬朱印状と共に拝領したものである。桃山時代の胴服として伝来が明らかであり、胴服は辻が花染の意匠もすぐれ保存のよいものであり、帷子とともに貴重なものである。

作品所在地の地図

関連リンク

銀杏葉雪輪散辻が花染胴服チェックした作品をもとに関連する作品を探す

浅葱地葵紋付帷子
紫地葵紋付葵葉文様辻が花染羽織
辻が花染小袖
銀杏葉雪輪散辻が花染胴服/浅葱地葵紋付帷子
胴服 染分練貫地桐矢襖文様辻が花
ページトップへ