白地葵紋紫腰替辻が花染小袖 しろじあおいもんむらさきこしがわりつじがはなぞめこそで

工芸 / 安土・桃山 / 中部 

愛知県
桃山/1501-1600
袷仕立ての小袖の作品である。表は白練貫、裏は濃茶平絹(後補、もとは濃茶地海気)とする。形状は袖幅が狭く、身幅が広い。袖の下端から腰の部分を直線で区切って紫の絞り染めとす…
身丈140.5 裄54.2 前幅35.5 後幅35.0 袖丈48.4 袖幅19.2
袖口19.5 衽幅23.0 衽下り12.6 襟幅14.0 立褄35.2(㎝)
1領
徳川美術館 愛知県名古屋市東区徳川町1017
重文指定年月日:20030529
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人徳川黎明会
国宝・重要文化財(美術品)

葵紋をすべて縫い締めの絞り染めで表したいわゆる辻が花染の小袖である。本小袖が伝来した佐枝家の文書によれば、慶長四年(一五九九)三月に徳川家康(一五四二~一六一六)より佐枝種長が拝領したと伝える。
 本作品は、表地には後補が見られず当初の姿をよく伝えた辻が花染小袖の遺例である。徳川家康に関わる現存する小袖のうち、最も年代が遡るものであり、また葵紋の配置法など桃山時代から江戸時代に至る小袖の変遷を知るうえにきわめて貴重な作品である。なお、本小袖は尾張・佐枝家に伝来し、徳川美術館には尾張の稲垣家より寄贈されたものである。

作品所在地の地図

関連リンク

白地葵紋紫腰替辻が花染小袖チェックした作品をもとに関連する作品を探す

浅葱地葵紋散文様辻が花染小袖
紫地葵紋付葵葉文様辻が花染羽織
紺地葵紋散槍梅文辻ケ花染小袖
辻が花染小袖
浅葱地葵紋付帷子
ページトップへ