萌葱地葵紋付小紋染胴服 もえぎじあおいもんつきこもんぞめどうふく

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 江戸 / 関東 

東京都
江戸時代/1601-1700
表裏地とも萌葱地平絹に白抜きで小花文を型染し、絹綿入袷仕立とした胴服である。
 仕立は背を背縫いし、両袖・襟を付す。袂は大丸みで振りを設けず、裾でやや膨らみをもたせ、脇…
(胴服)前丈94.5 後丈88.7 裄62.3 前身幅22.9 後身幅33.6
袖幅28.8 袖つけ丈44.6 袖口20.0 襟幅13.0〜13.5(㎝)
(覚書)全長212.8 幅16.4(㎝)
1領
江戸東京博物館 東京都墨田区横網1-4-1
重文指定年月日:20000627
国宝指定年月日:
登録年月日:
東京都
国宝・重要文化財(美術品)

本件は、下田奉行や長崎奉行などを歴任し、徳川二代将軍秀忠の御書院番などを務めた今村傳四郎正長【いまむらでんしろうまさなが】(承応二年〈一六五三〉六六歳にて没)が、大坂夏の陣の武勲を賞せられ、元和元年(一六一五)十二月一日、徳川家康から拝領したと伝えられるもので、胴服に付属して伝来した『今村家覚書』にはその間の経緯が記されている。また『武徳編年集成【ぶとくへんねんしゅうせい】』(元文五年〈一七四〇〉、太宰春台序)や『寛政重修諸家譜【かんせいちょうしょうしょかふ】』(文化九年〈一八一二〉編)、『徳川実記【とくがわじっき】』(天保十四年〈一八四三〉編)などにも同内容の記載があって伝承を強く裏付け、胴服自体の年代様式にも矛盾しない。
 数少ない初期小紋染の保存良好な遺例であり、かつ伝来の明確な胴服として貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

萌葱地葵紋付小紋染胴服チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小紋染胴服
黄地牡丹蓮唐草文緞子胴服
浅葱地葵紋付帷子
紫地葵紋付葵葉文様辻が花染羽織
銀杏葉雪輪散辻が花染胴服
ページトップへ