白地天鵞絨陣羽織 しろじびろーどじんばおり

工芸 / 安土・桃山 / 東北 

岩手県
桃山
毛足の長い白地天鵞絨単仕立て。形状は羽織形で、身幅・襟幅とも広く、袖は小袖形で袂を丸く仕立てている。裏地の縫い代には木綿斜縞の布を当てて縫い留めている。
身丈104.1
裄62.0    (㎝)

1領
もりおか歴史文化館 岩手県盛岡市内丸1-50
重文指定年月日:19960627
国宝指定年月日:
登録年月日:
盛岡市
国宝・重要文化財(美術品)

 白地天鵞絨陣羽織の生地は中国製と考えられ、また縫い目に木綿製の細い斜縞文の布を付けるなど趣向が凝らされており、形態的には真田幸村所用の小紋地桐紋付胴服(重要文化財長野県上田市 桃山時代)や徳川家康所用の小文地葵紋付胴服(重要文化財 日光東照宮 桃山時代)に近似し、桃山時代の特色を示している。
 近世初期には諸外国から舶載された珍しい生地を使用した服飾類が武将の間で好まれたが、本件もその一例であり、当時の異国趣味を如実に示す服飾品の優品として貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

白地天鵞絨陣羽織チェックした作品をもとに関連する作品を探す

緋地羅紗合羽
浅葱地葵紋付帷子
銀杏葉雪輪散辻が花染胴服
緋地羅紗違鎌文陣羽織
黄地牡丹蓮唐草文緞子胴服
ページトップへ