緋地羅紗合羽 ひじらしゃかっぱ

工芸 / 安土・桃山 / 東北 

岩手県
桃山
緋地羅紗合羽は緋羅紗単仕立てで、袖無しの短衣の本体に釦留めによって着脱可能な角袖と裾裂が付いた羽織形である。胸前には左右とも中に円形の孔を開けた瓢箪形の釦留めの引合緒が…
総背丈110.0
総裄67.5 (㎝)
1領
もりおか歴史文化館 岩手県盛岡市内丸1-50
重文指定年月日:19960627
国宝指定年月日:
登録年月日:
盛岡市
国宝・重要文化財(美術品)

 緋地羅紗合羽の生地は猩々緋とも呼ばれる赤色の羅紗で、袖や裾部分が釦により取り外し自在となっている奇抜な趣向で、釦や金モールにはヨーロッパ服飾の影響が色濃く反映している。また、胸前の瓢箪形の釦留引合緒は、豊臣秀吉下賜と伝える華文刺縫陣羽織(重要文化財福岡県嘉穂町 桃山時代)に近似し、時代性を示している。
 近世初期には諸外国から舶載された珍しい生地を使用した服飾類が武将の間で好まれたが、本件もその一例であり、当時の異国趣味を如実に示す服飾品の優品として貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

緋地羅紗合羽チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白地天鵞絨陣羽織
緋地羅紗違鎌文陣羽織
陣羽織 緋羅紗無地 三盛雁丸紋付
陣羽織  猩々緋羅紗地違鎌模様
火事装束 緋羅紗地注連縄模様
ページトップへ