能装束〈白地桐竹鳳凰桜芦文繍箔肩裾/〉 のうしょうぞく〈しろじきりたけほうおうさくらあしもんぬいはくかたすそ〉

その他の画像全5枚中5枚表示

工芸 / 安土・桃山 / 関東 

東京都
桃山
白練緯地に肩および裾を州浜形に画し、内に桐、竹、鳳凰、桜、芦文を刺繍し、地に金銀摺箔を施した繍箔の小袖。身幅に比べて袖幅が狭く、振りを付けた袖の袖口も狭い。文様は、前の…
身幅121.4 裄(現状)55.5 後幅35.5
袖幅(現状)20.7 袖丈53.7 袖口15.8 襟肩あき13.5 襟幅8.5
衽下がり14.5 衽幅15.0 襟下25.2 (㎝)
1領
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19930610
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

表地は白の練貫地で、前・後とも肩および裾部分を洲浜形に画したいわゆる「肩裾」形式とし、そこに桐・竹・鳳凰・桜・芦文を多彩な繍糸で刺繍して、間地には金・銀の摺箔を施した繍箔の小袖である。
 刺繍の技法を見ると、渡繡(裏抜き)による柔らかでおおらかな手法を示す。かつ胴部を白地とし肩と裾に文様を配したり、前後とも一方に桐・竹・鳳凰を、他方に桜に芦文を表す片身替りの構図を示し、あるいは練貫の白地や、文様の間地に摺られた金・銀箔の平滑感と、ふんわりとした立体性豊かな繍との対照性の強い表現手法となっている。
 加えて紅がちな明るい配色など、形態・意匠・技法すべてにわたって、桃山時代の小袖類に見られる特徴が顕著に認められる。
 なお本件は能楽の四座一流の内の金春座に伝来した能装束の一領である。

作品所在地の地図

関連リンク

能装束〈白地桐竹鳳凰桜芦文繍箔肩裾/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能装束〈雪持柳地紙散繍箔肩裾/〉
能装束〈紅白段菊芦水鳥文繍箔/〉
能装束〈茶地百合御所車文縫箔/〉
白地松鶴亀草花文繡箔肩裾小袖
能装束〈草花文繍箔肩裾/〉
ページトップへ