陣羽織 緋羅紗無地 三盛雁丸紋付 じんばおり ひらしゃむじ みつもりかりまるもんつき

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 江戸 

江戸時代・18世紀
1領

コチニール系の染料で染めた緋羅紗地に白い羅紗で千鳥丸を切付(アップリケ)にした陣羽織。戦国時代には陣中で鎧(よろい)の上から身につけましたが、江戸時代以降には合戦がなくても武士の象徴としてあつらえられました。肩山に太刀受けがない古様の仕立です。

作品所在地の地図

関連リンク

陣羽織 緋羅紗無地 三盛雁丸紋付チェックした作品をもとに関連する作品を探す

陣羽織 緋羅紗地 三ツ葉葵紋付(童子用)
陣羽織 黒羅紗地富士山模様
陣羽織 黒赤羅紗腰替無地
陣羽織 朽葉色地葵唐草模様紋紗(夏用)
陣羽織 茶地立涌梅鉢雲龍丸松模様錦
ページトップへ