文化遺産オンライン

陣羽織

概要

陣羽織

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

 陣羽織とは、戦場にある武士が鎧(よろい)の上に着用する羽織のこと。夏物にふさわしく紗地に文様が織られた、単(ひとえ)仕立になっている。中世には実用性の高かった陣羽織であるが、江戸時代には合戦がほとんどなくなり、装飾性の強い陣羽織が製作されるようになった。(2005/06/21_h05)

陣羽織をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

陣羽織 / / Coat / 着用

関連作品

チェックした関連作品の検索