文化遺産オンライン

直垂 白地藤立涌模様顕紋紗

ひたたれ しろじふじたてわくもようけんもんしゃ

作品概要

直垂 白地藤立涌模様顕紋紗

ひたたれ しろじふじたてわくもようけんもんしゃ

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1具

直垂とは、鎌倉時代に庶民や武士が着用していた仕事着であったが、武士の台頭に伴い、式服となった。通常はで上下同じ裂(きれ)による袷仕立(あわせじたて)で腰紐は白腰である。本品のように夏用は薄物の紗地に模様を織り出した顕紋紗を単仕立(ひとえじたて)にした、華やかな直垂を用いるようになった。

直垂 白地藤立涌模様顕紋紗をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

直垂 / Edo / gauze / 紋紗

関連作品

チェックした関連作品の検索