鎧直垂 紫地牡丹立涌模様 よろいひたたれ むらさきじぼたんたてわくもよう

染織 / 江戸 

江戸時代・19世紀
1具

 直垂とは武士の略盛装である。垂領【たりくび】で広袖の上衣に、同じ裂【きれ】で調製された白腰の袴【はかま】との上下セットである。一方、鎧直垂とは、鎧の下に着用する直垂のことで、通常の直垂よりも袖丈や袴の長さが短く、動きやすいように括【くく】り緒【お】で袖口や袴裾【すそ】を絞って着用する。(小山氏執筆)

作品所在地の地図

関連リンク

鎧直垂 紫地牡丹立涌模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鎧直垂 紺麻地千鳥模様
直垂
鎧直垂(顕文紗夏用)
直垂 白地藤立涌模様顕紋紗
直垂 紅地立涌長尾龍丸紋散模様錦
ページトップへ