鎧直垂 白地蜀江文錦 よろいひたたれ しろじしょっこうもんにしき

染織 / 江戸 

江戸時代・19世紀
1具

武将が鎧の下に着る鎧直垂。表地は八角形と正方形がつながり無限に広がっていく蜀江文を織り出している。蜀江文は中国・明時代に盛んに織られ、日本では宇宙観を表わす模様とみなされた。格調高い蜀江文錦の鎧直垂には武将の誇りが感じられる。

作品所在地の地図

関連リンク

鎧直垂 白地蜀江文錦チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鎧直垂(顕文紗夏用)
法被 緑地蜀江模様
鎧直垂 紫地牡丹立涌模様
鎧直垂 紺麻地千鳥模様
直垂 白地藤立涌模様顕紋紗
ページトップへ