文化遺産オンライン

直垂 紅地立涌長尾龍丸紋散模様錦

ひたたれ べにじたてわくながおりゅうまるもんちらしもようにしき

作品概要

直垂 紅地立涌長尾龍丸紋散模様錦

ひたたれ べにじたてわくながおりゅうまるもんちらしもようにしき

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

直垂:丈80.71 裄80.7 袴:腰幅31.5 丈85.2

1具

垂領に広袖の上衣と袴で共裂でできた上下のスーツで、直垂には腰紐は白腰と定まっている。武士の礼装である。華やかな紅地、大きな糸飾りでできた菊綴は若年の料であろう。有職風の立涌文と尾長鳥丸文、武家風の龍菱文が織り出された錦もまた華やかである。

直垂 紅地立涌長尾龍丸紋散模様錦をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

直垂 / / 上衣 / 着用

関連作品

チェックした関連作品の検索